1ヶ月2キロ落として無理なくリバウンドのないダイエット法を実行しています!

体重が重いからといって決めつけてはいけない!メタボと肥満の違い

体重が重いからといって決めつけてはいけない!メタボと肥満の違い

体系的には肥満というほどでもない人でも、メタボに近いと言われることがあるといいます。

肥満とは、身長を考慮しても体重が多すぎるという状態ですが、肥満だからメタボリック症候群(内臓脂肪症候群:通称メタボ)とは限りません。

体重を身長の2乗で割った数値のことをBMIと言い、BMIが25以上、腹囲85センチ以上、女性は90センチ以上の場合を肥満と定義しています。

計算式は以下のとおりで、身長はcm(センチメートル)ではなくm(メートル)で計算します。
[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]

肥満の基準は国によって基準が違いますが、日本肥満学会ではBMIが25以上の場合を肥満と定めています。

日本ではBMIが22のときの体重は標準体重または適正体重と定義され、病気にかかりにくい健康状態とされています。

標準体重の計算式は以下のようになっています。
[身長(m)の2乗]×22

メタボと肥満を同一視している人が断然多いかもしれませんが、実は両者は定義的にもその内容も異なっているのです。

今は病気ではなくても、メタボリックシンドロームは、今後の人生の上で疾患のリスクが高くなるため、疾患が悪化する前に改善しておきたいものです。

人体の中からトラブルが起きやすい状態になることが、メタボリックシンドロームの特徴であり重大な問題点です。

糖尿病をはじめ、心筋梗塞や、脳梗塞、高血圧のリスクを高めてしまうのです。

血圧や血糖値が高い、血中の脂質、コレステロールが高過ぎることなど「内臓脂肪型」肥満であることの複数条件を満たすと、メタボリックの傾向が強いと認定されます。

ただ単に肥満といっても皮下脂肪型と内臓脂肪型があって、実は皮下脂肪型肥満ならば「メタボリックシンドローム」とは見なされないという見解が一般的です。

もちろん「皮下脂肪型」の肥満であっても、高血糖や高血圧症の原因になり得るため、自身の体調をこまめにチェックし、毎日の食生活や体質改善が必要です。

近年のメタボ対策では、日々の定期的な軽めの運動を取り入れる療法と、バランスの良い食事の改善が重要視されています。

動脈硬化が発生しないよう、体内に不要なカロリーが留まらないようにして、体脂肪率を効果的に減らすことを目的としています。

病気にかかりそうな人の疾病リスクを減らすことで、医療費を下げたいという国の目論見が、背後にはあったと思います。

前述したように、内臓脂肪の蓄積とBMIに相関があるとは限りません。

つまり、内臓脂肪が増えたからといって必ずしもBMIに影響するわけではなく、逆にBMIが上がったからといって必ずしも内臓脂肪が増えているわけでもありません。

そのため、BMIはメタボリックシンドロームの診断基準としては用いられていません。

ただし、肥満の人の中に「メタボ予備軍」が潜んでいる可能性があるため、特定健康診断・特定保健指導の対象者を選別する基準にはBMIが用いられています。

健康保険に加入している人は、40歳からは毎年健康診断を受ける義務がありますので、人間ドッグなどを含め、日頃から健康チェックをしておきましょう。

error: Content is protected !!