1ヶ月2キロ落として無理なくリバウンドのないダイエット法を実行しています!

炭水化物(糖質制限)ダイエットの注意点とは?

炭水化物(糖質制限)ダイエットの注意点とは?

早く痩せたいと思うのは、ダイエットを考えている方なら誰しも思うことだと思います。

当サイト、ダイエットアゴーゴーでもいわゆる「糖質制限」を推奨しており、私ダイゴも実践中のダイエット方法です。

炭水化物を控えるダイエット法は、様々な意見があるのも事実ですし、時にはやり方を間違えてしまい体調を崩してしまう方もおられるようなので、正しい方法や、当サイトのように実際にそのダイエット法を実践している人からの情報を得ていくことも重要だと思います。

また、書籍による知識の取り込みなども非常に有効なものだと考えています。

炭水化物ダイエット、いわゆる糖質制限ダイエットは、3回の食事(ダイエットアゴーゴーでは最高でも1日2食までを推奨)のうち1回のメニュー内容を見直すだけでも変化が見られる簡単な方法なので、誰でもすぐに実行できるだけでなく、直接脂肪燃焼や蓄積しないよう促す効果が期待できる耐え、ダイエット効果を比較的早く感じられるダイエット方法となっています。

みるみるうちに体重を減らすことができる魅力的なダイエット方法であることから、より一層の効果を期待して行き過ぎたダイエットをしてしまう人もいるでしょう。

しかし、身体に負担のかかる無理のある食事制限をした場合、炭水化物(糖質)は体にとっては必要な栄養素のひとつであるので、良くない影響が出てくる可能性は排除できません。

炭水化物(糖質)は、身体機能を維持するために必要なエネルギー源とであるため、いくらダイエットを成功したくても、無理なやり方をして体を壊してしまうと元も子もありません。

以前より疲れやすくなったり、集中できなくなったり、頭の回転が遅くなったりといった身体的症状が、炭水化物(糖質)が足りなくなると起きやすくなると言われています。

そのため、炭水化物(糖質制限)ダイエットだからと、炭水化物を全く摂取しない食生活というのも考え方としては極端なのかもしれません。

炭水化物を減らして、他の食べ物が増える状態が続くことで、お肉主体の食事になって脂質の割合が高くなりやすいのも炭水化物(糖質制限)ダイエットの特徴です。

お肉などの脂質過多な食事をしていると、血液中の脂質の割合が多くなり、動脈硬化のリスクが高まりと言われていますが、これにはダイエットアゴーゴーでは少し意見が異なります。

脂類というのは、全て吸収されるわけでは無く、余分なものは体外へ排出されますし、動脈硬化や血液ドロドロなどの指摘については少し疑問が残ります。

ダイエットアゴーゴーでは、そうしたことの予防のためにも、朝一杯の「トマトジュースにエゴマオイルを入れて飲む」最強トマジュー、そして青魚の摂取を推奨しています。

要するに、リコピンやオメガ3系α-リノレン酸(体内でDHA、EPAに変わる)を日頃から摂ることが大事だということです。

しかも、最近では動物性油脂はむしろ体に必要な栄養素だから、進んで取り入れようとするダイエット法もあるぐらいです。

炭水化物(糖質制限)ダイエットをしていても、炭水化物をゼロにするのは非常に難しいため、極端に考え過ぎず、要は「制限する」ことを目的にするため、神経質になり過ぎないことも一つのダイエット方法だと思ってください。

気にするあまりストレスをか抱え込むことになりますと、却ってダイエットを阻害してしまう可能性は低くないでしょう。

そこで、その糖質制限の代替栄養素として注目されているのが中鎖脂肪酸の「MCTオイル」です。

MCTオイルは、糖分の代わりに即効性のある栄養素として消費されるもので、近年大変注目されています。

いわゆる、ケトジェニックダイエットに代表される完全無欠コーヒーの材料となるひとつです。

体重を減らすためには炭水化物ダイエットはとても有効な方法ですが、やりすぎると骨密度が下がり、骨粗鬆症になることがあると言われているので、ダイエットには適度な食事制限と適度な運動というバランスを大事に考えて下さい。

炭水化物ダイエットをする時には、健康を阻害するようなことにはならないようにすること、無用なストレスを抱え込むようなやり方を避けることが大切なのです。

error: Content is protected !!